FC2ブログ

M236 三ヶ条の(二) ミッドナイトアイキドウ

久島自画像01
神衛 指導部の久島です。
文章作成リハビリ中です。
文体を変えて書いてます。

5級の審査科目に正面打ち三ヶ条抑え(二)という技法がある。動作の数が多く、日常生活とは乖離した動作になるので覚えるのに難儀する技である。

つまり教えるのが大変な技と言える。



以前、私は意図的に、機械的に教える、機械的に暗記する、という方法で指導を行っていた。機械的に教える、というのは、手順を言って、その通りに動いて貰う、という教え方である。それは一般的な合気道の教え方と言って良いだろう。

機械的に暗記する、というのは、同じ事を何度も繰り返して頭に記憶を定着させる事である。暗記するまでは意味を考えなくて良い、という考えで行う。

今回、教え方の方針を変えてみた。

「面白い!」
という実感があるような技法の習得方法を実施したつもりである。

効果が高いようであれば、次回以降の稽古でも路線継続で行こうかと考えている。だが、復習は忘れないで欲しい。復習する事で記憶の定着を確実なものにして欲しい。
スポンサーサイト