FC2ブログ

M255 訂正版 自主練習の大切さ2 ミッドナイトアイキドウ

久島自画像01
神衛 指導部の久島です。
文章作成リハビリ中です。
文体を変えて書いてます。

M254 自主練習の大切さ ミッドナイトアイキドウ からの続きである。

「臂力の養成(一)はじめ!!」

「えーと臂力の養成(一)って、どんなのだっけ?」
「あ、これか。1、2、1、2,1,2,1,2・・・・」


それは、臂力の養成(一)そのもの練習ではある。

しかし
「臂力の養成(二)用意」
「終末動作(一)はじめ」
などという号令があれば、反射的に、すぐ指示の通りの動作をやり始める練習になっていない。

他の人が一緒に動作をする時は動けても、1人で号令を聞いてやろうとしたら出来ない人がいる。

他の人が動いてから、それを見て動く、という癖がついてしまっている。それはカンニングという。

審査の時、号令を聞いて、すぐに動く事が求められる。すぐに動いたけど間違えた動きだった場合と、他の人が動いてから動き出す人がいたとする。他の人が動いてから動き出した人は0点になる。

間違えた人については、途中で修正すれば0点にはしない。修正しなくても、その課題は0点であるが、他にも気力とか別の項目で加算が出来るので、なるべく合格するようにしている。(初段以上だと基本動作の間違いは不合格になる。)

名称を聞いたら、すぐにその動作や技が出来るようにしよう。

イメージトレーニングで、手足を少しだけ動かして、やってみよう。椅子に座ったままでも出来る。

初心者の人達にとって、イメージトレーニングは本当に大切だと言っておく。
スポンサーサイト